【インプレ】ウッドワークス木製ロッドスタンド 自宅での収納・保管に

釣りから戻ってきたら、ロッド(釣竿)はどこに置いていますか?

ロッドを傷つけたり変形させてしまわないよう、確実に収納・保管するためには、ロッドスタンドの使用がおすすめです。

本記事では、筆者が自宅でロッド収納・保管に使っているWOOD WORKS(ウッドワークス)木製ロッドスタンドをご紹介します。

WOOD WORKSロッドスタンド基本情報

アマゾンや楽天市場でネット販売を展開している株式会社ウッドワークス(WOOD WORKS)のロッドスタンドです。

19本収納可能な両面タイプ、本体カラーはナチュラル、フェルトカラーはグリーン

こちらは19本収納可能な両面タイプです。10本収納可能な片面タイプも販売されています。

サイズ横幅62.6cm×高さ59cm×奥行き20cm
重さ4.46kg
材質パイン(集成材)
本体カラーナチュラル、ブラウンの2色
フェルトカラーグリーン、ブラックの2色
価格(税込)7,920円(21年6月中旬現在)
ロッド収納本数19本

違う角度や構図の写真も少し載せておきます。

 下段とロゴの部分
上から見た図
横から見た図

実際の収納力はどうか?

リールをつけた状態のロッドは何本収納可能か?

片面だけで余裕をもって5本収納できました。

反対側のスペースはこんな感じです。各面に5本ずつ=計10本ならば確実にいけそうですね。

どんな種類のロッドを収納可能か?

私はバス釣りをメインにやっていますが、昔購入したトラウト用ロッドも問題なく収納可能です。

左はトラウト用のロッドとリール

の写真、右側のロッドは、バス釣り用ロッドなのですが、大型のルアーである「ビッグベイト 」専用の太めのものです。この程度であれば問題なく収納可能です。

ちなみにこのロッドは、レジットデザインのWSC68XXH-5 “Big Bait Special”です。

右はバス釣りの大型ルアー「ビッグベイト 」専用の太めのロッド

バス釣り用スピニングタックルであれば、2ピースロッドを下の写真のように1つのスペースに収納可能です。

テレスコロッド(伸縮式)は、必要な長さまで伸ばして収納する必要がありますね。

“つくり”はどうか?

軽量ながらも頑丈で安定性がある

重さは4.46kgとあり、男性であれば片手でヒョイっと持ち上がります。

この際、接続部分が歪んだり、外れそうになったり、変な音がしたり等は一切ありません

とてもしっかりした作りに感じます。販売サイトを読むと「日本製」と表記があります。

床に置いて手で負荷をかけてみても、ぐらつきは一切ありません。とても安定しています。

ロッドを置いた時も、ぐらついたり、傾くといったことも、一切ありません。

フェルトでロッドと部屋の床を傷から守る

写真のグリーンの部分はフェルトです。これにより、ロッドを傷から守ることができます。

スタンドの底(裏面)4ヶ所にフェルトあり

スタンドの底(裏面)4ヶ所にも、同じくフェルトが貼ってありますので、部屋の床が傷つきません。

私の部屋では、スタンドを引きずるようにスライドさせても、フローリングを傷つけることなく、スムーズに動かせます。

注文すると完成品が届く

私はアマゾンで購入したのですが、写真の通り、大きな段ボール箱に入った状態で完成品が届きます。

箱から出すだけで、すぐに使用可能となります。面倒な組立・工具、一切必要ありません。

注意点はスペース確保と色移り

使っていて大きなデメリットは感じていませんが、強いて言うならば下記の2点でしょうか。

  1. 本数に合わせて折りたたむ等の変形ができないため、ある程度、広さと高さに余裕があるスペースが必要
  2. ナチュラルカラーの場合、ロッドを置いていると色が移ってしまう

上の写真、ロゴの周辺が黒く汚れているように見えるのは、全てロッドの色が移ってしまったためです。

汚れが気になる方は、ブラウンを購入した方が目立たなくて良いかもしれませんね。

おわりに

以前は釣りから戻ると、壁に立てかけたり床に置いたりしていましたが、やはり傷や破損の不安がありました。

このロッドスタンドを購入してからは、部屋に戻ってそのまま置くだけで安心が得られるので、本当に購入してよかったなと思っています。

自分のロッドを部屋で眺められるのもいいですね。

少々高く感じるかもしれませんが、便利さと安心感を買うと思えば安いと思います。

部屋にスペースのある方はぜひ、購入してみてください。