【バス釣り】雨対策は万全に!雨のオカッパリを快適にするアイテムを紹介

梅雨に続く雨、夏の夕立、朝露に塗れた草、バス釣りをするうえで防水は重要です。快適にバス釣りをするためにしっかりと対策をしましょう。

本記事では、筆者が実際にバス釣りで使用して役立っている防水アイテムをご紹介します。

危機管理能力

防水アイテムも重要ですが、危機管理も重要です。バス釣りを続けたくても、「あ、これは危険だな」と思ったら、釣りを止める判断も必要です。

特に、雨の日は滑りやすくなるので転倒に注意。今までに釣り場で転んでいる人を何度も見ています。

私も何度も転びましたし、転んだ時に手を怪我したことがあります。それ以来、無茶はしなくなりました。

「この場所なら、この状況なら安全だ」と判断できる時に釣りを楽しみましょう。安全第一です。

レインウェア

クライムライトジャケット

アウトドアの雨対策の定番、レインウェアです。筆者が愛用しているのは、ザ・ノースフェイスのクライムライトジャケットクライムライトジップパンツ

クライムライトジップパンツ

少し価格が高くても、ゴアテックス素材が超優秀なので、おすすめ!多少の雨なら完全に防いでくれます。濡れません。下記の記事で詳細をご確認いただけます。

参考記事

防水キャップ(帽子)

日差しや怪我から頭を守ってくれる帽子ですが、こちらも防水だと安心です。

ザ・ノースフェイスのヴィンテージゴアテックスキャップを愛用しています。やはりゴアテックスは優秀で、バス釣り中に頭が濡れたことはありません。

参考記事

レインブーツ(長靴)

こちらは足もとの定番アイテム、レインブーツ(長靴)。

JACKALLのパッカブルブーツを愛用しています。フィット感が快適で気に入っています。

膝下までの防水は確保できるので、雨上がりの草むら、朝露に濡れた草むらを進む時にも活躍します。

参考記事

防水シューズ

普段づかいから急な雨まで対応してくれるのが、防水シューズです。

私が愛用しているのは、KEENのジャスパー2ウォータープルーフ。普段着にも合わせやすいのでおすすめです。

もちろん、防水性能も◎。今まで靴の中まで濡れたことはありません。

参考記事

防水腕時計

バスのリリース時や雨でも気にしないで使えるのが防水腕時計です。

水泳やマリンスポーツでも使える「20気圧防水」を備えたカシオのプロトレックを使っています。型番は、PRW-70Y-1JF。

防水機能だけでなく、デザインも気に入っています。釣り以外のアウトドア全般で使えるのもポイントです。

偏光サングラス

偏光サングラスは水しぶきや雨から目を守ってくれます。虫や思わぬ怪我からも守ってくれるでしょう。

筆者はTALEX製の偏光レンズを使っています。イーズグリーンという種類のレンズで、曇りや雨のいわゆるローライト時に水中が見えやすいので、雨の日に役立っています。

偏光サングラスは釣果アップにも繋がりますのでオススメです!

参考記事

おわりに

備えあれば憂いなし。しっかりした防水アイテムを持っていれば、雨が降ってきても快適にバス釣りができます。

しかしながら、雨天の釣りには危険がつきもの。私は何度も転んでいます。怪我をしたこともあります。危険と感じたら釣りを止める判断も必要です。

安全が確保できる状況で釣りを楽しみましょう。安全第一です。