【バス釣り入門】釣り場のマナーは必ず守ろう!〜釣り場を守るために必要なこと〜

釣り人としてマナーは必ず守りましょう!

近年、釣り人のマナーの悪さが原因で、「釣り禁止」となる場所が増えています。

バス釣りを気持ちよく楽しむために、釣りをする上でのマナーをよく知り、守りましょう。

本記事では、筆者の体験に基づいて感じた、守るべきマナーや注意点についてお伝えしたいと思います。

釣り禁止の場所で釣りをしない

当たり前のことですが、「釣り禁止」とされている場所での釣りはやめましょう

特に野池は、土地の持ち主に管理されている場合がけっこう多いです。

勝手に敷地に入って不法侵入になる、水難事故が起きる、私有地を荒らしてしまう等々、知らず知らずのうちにやってしまう恐れがあるので注意しましょう。

迷惑駐車をしない

釣り場によっては、住宅街に隣接している場所もあり、釣り人の迷惑駐車が近隣住民に多大な迷惑をかける場合があります。

迷惑駐車をせざるをえないような場所での釣りはやめましょう

電車+徒歩、自転車やバイクを利用する、またはコインパーキングを利用するなど、やり方はあるはずです。

ゴミは拾って持ち帰る

これは、釣り場に限ったことではありませんが、ゴミは必ず持ち帰りましょう。

特にフックとラインは、実際に釣り場に捨てられていることが多いです。

人や動物たちが怪我をする原因となりますし、環境破壊にも繋がります。

ゴミ袋を必ず携帯し、帰るようにしましょう。

ラインは捨てずに持ち帰ろう

ラインの切れ端を回収できる便利グッズがあります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

釣り場では挨拶をする

釣り場での挨拶は基本的なマナーです。知らない人でも挨拶をしましょう。

挨拶をきっかけに会話が始まり、その釣り場のルールやマナーについて情報を得ることもあります。

私の経験上、挨拶をして嫌な思いをしたことはありませんし、挨拶をされて嫌な気分になったこともありません。

メリットの方が断然多いですし、釣り場では気持ち良い挨拶を心がけましょう。

他の釣り人の邪魔をしない

他の釣り人の邪魔をしないようにしましょう。

例えばヘラブナ釣りの方は、ウキの動きを見ながら集中しているので、近くでビュンビュンルアーを投げられると気が散ります。

同じルアー釣りをしている人とも、お互いが投げるポイントがかぶらないよう、十分な距離をあける努力をしましょう。

(番外編)釣り場の情報をネットに載せない

これは入門者・初心者の方は知らない場合が多いのですが、マナーというか暗黙の了解といったところかもしれません。

河口湖や亀山ダムといった有名スポットはともかく、地元の人しか知らないような釣り場の情報をネットやSNSで拡散するのはやめましょう

ネットやSNSに拡散されたことで、釣り人が急増し、駐車問題、騒音問題、ゴミ問題に発展する恐れがあります。

最悪の場合は釣り禁止になる可能性もあります

地元の人が密かに楽しんでいるスポットを荒らすような行為はやめましょう。

おわりに

近年、釣り禁止の場所が増えているのは、間違いなく釣り人のマナー違反が原因です。

釣りを楽しみたいのであれば、釣り人が釣り場を守り、そのためにマナーを守りましょう。

釣り場の人同士のトラブルについては、しっかり挨拶してコミュニケーションを取れば、大抵の事は防げます。

「釣り場に着いたらまず挨拶」を心がけましょう。

参考記事