【バス釣り】針外しにプライヤーは必須!ラインカッターも必需品!〜バス釣りで揃えるべき道具たち〜

「プライヤー」と「ラインカッター」はバス釣りの必須アイテムと言えます。

バス釣りに出かける前に、これらを揃えておきましょう。

本記事では、プライヤーやラインカッターが必要な理由と共に、筆者が実際に使っている道具を参考までにご紹介します。

買うべき道具その1:プライヤー

プライヤーは、バスの口からフックを外すのと、フック交換時のスプリットリングの取り外しが主な用途となっています。

私個人的には、プライヤーは必須と思っています。私が必須だと思う理由は下記の通りです。

素早く針を外せる

釣り上げた後、モタモタしているとバスが酸欠になってしまいます。やはり、素手で頑張るよりも、プライヤーを使ったほうが素早く確実にフックを外せます。

特に、奥の方までルアーを飲み込んでいる場合は、素手ではかなり難しいでしょう。バスを思いやるのであれば、文明の力に頼りましょう。

ケガを防止できる

釣れたあと暴れるバス

以前、お気に入りのルアーで釣った時、プラグを口に付けたままのバスの写真が撮りたくて、ルアーがついたバスの口に手を伸ばしたのですが、バスが暴れてルアーのフックが指に刺さってしまいました。

幸い、フックのバーブ(返し)までは皮膚に刺さらなかったため、少し出血した程度で済みましたが、やはりプライヤーは必須だと痛感した出来事でした。

プライヤーホルダーはあるとベター

プライヤーホルダーも購入してバッグにつけています。魚を釣った後、バッグの中を探す必要がなく、瞬時に取り出せるので便利です。

参考記事
ライギョが釣れた時にも活躍

狙っていないにも関わらず、ライギョが釣れてしまうことがあります。

気をつけなければならないのは、ライギョはかなり鋭い歯を持っており、素手でフックを外そうとすると、大怪我に繋がる恐れがあります。

買うべき道具その2:ラインカッター 

ラインをルアーやフックに結んだ後に、余って結び目から出ている部分を切ったり、ライントラブルで絡まったラインを切ったり、様々な場面でラインをカットします。

ですので、ラインカッターは必須です。

私の場合、シマノのカラビナリールラインカッター付きを使っています。

付属の純正ラインカッターを水中に落としてしまい、ラインカッターだけ別途で購入し直しました。別メーカー(コーモラン)のラインカッターですが、キーリングを使って取り付けました。

このように、ゴムが伸び縮みするので、カラビナをズボン、ベスト、バッグ等に付けておけば、バッグやポケットの中をゴソゴソ探す必要がないのでおすすめです。

ハサミもあると便利

例えば、ルアーでゴミが釣れてしまうこともあります。

捨てられた糸がたくさんルアーに絡まってしまうこともありますが、こんな時はハサミがあると早く処理できます

ラインカッターとプライヤーよりもハサミの方が便利という状況は意外とあります。必須とまでは言いませんが、あると便利なことは間違い無いです。

キーリングがあると何かと便利

小物をバッグ等に取り付ける際、文房具店などで手に入るキーリングがあると便利です。

100円ショップで買ったカラビナを使っていたのですが、こちらはすぐに壊れてしまいました。

カラビナはある程度ちゃんとしたものを買った方が良さそうです。

おわりに

バス釣りを快適に、楽しく、そして安全に楽しむためには、ラインカッターとプライヤーは必須と言えます。

大怪我をして医療費を払うなんてことにならないように、そして、釣られたバスのことを思いやって扱うために、持っておく必要があるでしょう。

参考記事

釣り用バッグも必需品!