【バス釣り入門者向け】収納ケースは必須!おかっぱりでルアーや小物を持ち歩く時のおすすめ収納グッズ

おかっぱり(岸釣り)では、ルアーやフック等の小物をバッグからスムーズに出し入れすることが望ましいです。

収納ケースに入れてうまく整理し、釣りの効率と快適さを上げていきましょう。

本記事では、筆者がおかっぱり釣行で実際に使っている収納ケースや収納例を、参考までにご紹介します。

こんな方におすすめの記事です
  • バス釣りを始めようと思っている
  • おかっぱりに使える収納グッズについて知りたい

ハードルアーの収納

MEIHOの収納ケース
MEIHOの収納ケース

ルアーを初めて買うときに同時購入すべきなのが、ルアーを入れて持ち歩くルアー収納ケース。特にプラグはフック(針)が剥き出しになっており、プラスチック素材の硬いケースに入れておく必要があります。

大きめのルアーを収納できるタイプもある

おすすめは、MEIHOの製品です。大きさ、形、仕切りの有無等、幅広い商品ラインナップが魅力で、たいていどこの釣具屋さんにも置いてあります。

参考記事

メイホウの数あるルアーケースの中からオススメ7種を紹介した記事です。

長く続けるつもりなら

私の経験上、釣りをしていくうちにルアーはどんどん増えていきます。状況に応じて違うルアーを使って攻略したくなるためです。

ですので、長く続けるつもりであれば、最初からある程度収納力がある大きめのケースを買うのも良いでしょう。

しかし、ルアーケースを収納するバッグにスムーズに出し入れできるか、しっかり確認してから買いましょう。

100円ショップの収納ケース

100円ショップでも写真(上)のような収納ケースが手に入ります。「どのくらい続けるかわからないし、安く済ませよう」、といった人には良いでしょう。

ケースは留め具が一つのものがおすすめです。

釣りをしながらだと、片手にロッドを持ちながら取り出すこともあり、もう片方の手でサッと出して開けられた方が便利です。

ワームの収納

MEIHOの収納ケース

出番の多い1軍ワームについては、取り出しやすさを優先してMEIHOの小型ケースに入れています。

100円ショップのビニールケース

ワームをパッケージのまま持ち運ぶこともありますが、その場合は100円ショップのビニールケースに入れています。

ワームは、たまに液体がパッケージから漏れていることがあります。そのため、何かしらの袋に入れておくと、バッグが汚れずに済みます。

シンカーやフックなど小物の収納

RYUGIのR-TANK

バス釣りを始めたばかりの頃は、フックやシンカーをパッケージのまま持ち歩いていましたが、釣りの最中にバッグの中から探して取り出そうとすると、時間がかかってストレスになることが多々ありました。

そこで、RYUGIのR-TANKのXLを買いました。

XLサイズだとかなり多くの種類を収納できますが、シンカーもあるためけっこう重くなるのが難点ですが、それでも必要なものがすぐに見つかり取り出せるため非常に便利です。

参考記事

R-TANKの使い勝手について、詳しく紹介した記事を書いています。気になった方は、下記よりぜひご覧ください。

MEIHOの小物ケース

MEIHOからは、フックやシンカー等、小物の収納に適した小型ケースも数多く出ています。自分の使う小物の種類と量に合うものを見つけてみましょう。

100円ショップの小物収納ケース
100円ケースの一例

100円ショップでも、様々な種類の小物ケースが手に入ります。

連結・分離が可能なピルケースが便利な場面もある

薬を入れるピルケース等も代用できますので、探してみてください。

短時間おかっぱりセットの収納例

100円ショップの収納ケースで作る短時間おかっぱりセット

ちょっとした空き時間に、「近くの野池で1時間だけやってこよう」といった日もあれば、自転車で釣りに行く日もあります。こういった場合は、持参するルアーや道具を減らし、なるべく身軽にしていきます。

プラグ、ワーム、フック、シンカーなど、全てを一つに詰め込む

そんな時は、100円ショップの収納ケースに全部詰め込んだ、「短時間おかっぱりセット」を持っていきます。ケース1つに全てが収まっていると楽チンです。

おわりに

釣具屋さんに行くと、数多くの収納グッズが売っています。まずは、様々なタイプに対応し、値段も手頃なMEIHOの製品から使用してみてはいかがでしょうか。

安さを優先したい方は、100円ショップで購入するのも良いでしょう。

自分の釣りスタイルに合った収納ケースと収納方法を探してみてください。